スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のテレビの自主規制に物申す。

文学少女、近頃気になることがあるのです。
人質事件に配慮した、テレビなどの自主規制について。
暗〇教室の放送中止、M〇テでの歌詞変更などなど。
あれ…ちょっと違いますよね(._.)
暗〇教室の放送中止はしょうがないですよね、まあ。
それだってどうかとは思うけど、今までも多く行われてきたことですから。
歌詞変更って!!!!
歌詞変更って!!!!!
そこまでして守りたいものとはどこに。
歌詞と言うのは立派な著作物でしょう?
作詞家という職業も存在するはずです。
パクリが訴訟に発展するこのご時世に堂々と行うのはおかしいことではないのですかね…
百歩譲ってKAT-TUNのように楽曲変更では??
震災の時も、放送する映画を変更はあっても、そのシーンだけ消すなんてなかったような。

というか、このような有事にいちいち過剰規制で反応していたら、
メディアというもの事態がなくなってしまうのではないのでしょうか?
人質を取られているからナイフはアウト、血もアウト、と言っていたらどうなるかというと…

毎日毎日殺人事件が起きているのにサスペンス放映するなんて不謹慎だ!!
自殺大国日本で自殺シーンのあるドラマやアニメを放映するなんて!!
離婚や晩婚に悩む人がいるのに痴情のもつれをテーマにするな!!
子供が欲しくてももてないひとがいるのに出産ドキュメンタリーなんて・・・
…と、いくらでもいちゃもんつけられるので…そのうちテレビなんかなくなっちゃうよ?

そう考えると着実に規制強化への道を歩むこの国にぞっとしませんか?
でもそんな国にしてしまったのはだれなんでしょうね。
メディア相手に国民が失った信頼の度合いは、どうやら並ではないようです。
こんなに業界を怯えさせる民の国にいるのが恥ずかしい。
遠慮とか思いやりとかの意味を考えさせられますね。
スポンサーサイト

いじめ教育

ムカムカするニュースが続いている今日この頃。
ブログのネタが尽きないことがこんなに忌々しいのは、長続きしてほしくないですね…
さてさて今日は「イジメ」について。
皆さんは、イジメとはどのようなものを想像しますか?
言葉の暴力?金銭要求?物を捨てられるといった物的損壊でしょうか。
ぞっとする事に、性的暴行、という選択肢もあるそうです。

そして、恐ろしい事に、
イジメには、これ以上やればイジメ、という明確な区切りはないのです。

今日、妹の級友10人あまりが先生に呼び出され、イジメの加害者として、厳重注意を受けたとか。
男子は直線的に何度も悪口を言い、女子は仲間外れにしたのち、
なんと3DSでインターネット上に悪口を書き込んだそうです。
まずは男女の違いにあ然。笑
そして、女子のインターネットという手段に苦笑い。

母は妹に
「子供がインターネットなんか使うからそうなるのよ」
と言っていました。
が、本当にそうでしょうか?
某掲示板には罵詈雑言が溢れかえり、動画サイトのコメント欄は時に恥曝し達の喧嘩場所になっています。

皆さんはあれがすべて、ネット使用を許された"子供"の暴走だと言えますか?

答えはノーのはずです。
つまり、あの子達にイジメの仕方を教えたのは、大人。
たかだか10年しか生きていない子供より、情報社会で暮らしているはずの、
そして情報社会のモラルを語るはずの、大人。

そして。もう一つ例をば。

好きな子の前で素直になれなくて言ってしまった悪口や、
自分達の友達をいじめたり振ったりした人に、集団でした抗議。
喧嘩別れで口をきかなくなった相手。

クラスで浮いてる子についておもしろ半分で言った悪口や、
最近頭のよろしい方々の間で流行のヘイトスピーチ。
誰かの「なんかあの子はちょっと」の一言で話さなくなった相手。

どちらの悪口も、悪意を込めたわけではなく、照れ隠しかウケ狙い。
どちらの抗議も"正義"という大義名分のもとに、"悪者"へ向けて行う抗議。
"された側"からしたら、どちらも変わりありません。

なのに前者2つが「あの頃は若かった(苦笑)」
で済むのに対し、後者に苦い思いをするのはなぜでしょう。
答えは簡単。それは、
後者は大人になっても、周りをちらつき続け、付き合っていかなければならないものだから。

つまり、大人は子供と同レベルのいじめをしている。
または、
子供は大人から、イジメの仕方を学んでいる。

子供は分別がない?
思春期の子の仲間意識は怖い?
加害者の親の教育が悪い?
それ、もう一度、
自分の胸に手を当てて、心の底から言えますか?

荒れるついったあさん

お久しぶりに時事ネタを。
あれ、はじめて?まぁいっか!
最近世界中を騒がせている事件について、ポツポツ独り言をば。

イスラム国の脅威が、実はあまり掴めていなさそうなりーちゃん。
だってなんだか、命の価値も自分らの立ち位置も宗教も効率的な行動もしらない間抜けさ故に危ない組織、
くらいの認識しかありません
関心が強くなったきっかけはTwitterさん。
お馬鹿さんたちが脅迫動画を流した頃から、
「2人を救え政府は金払え」、「自業自得金の無駄」、
「日本自殺&借金帝国2人のために2億$はちょっと無理(´・ω・`)」
などなど様々な意見が入り乱れてもう…カオス。
なんだか全体的にツッコミどころはいっぱいあったんだけど上手く表現できず、父といろいろ話してみた。
すると。
「遠い国で捕まった他人の話だからいくらでも言えるんだよ。イジメにあっている大切な人、くらいの過程で考えてみ」
とな。
想像してみた。みょんみょんみょん…
たどり着いた結論。

「まずは犯人ぶっ殺す」(´・ω・`)マァ凶暴

私の大切な人が。
手の及ばんところで。
どうでもいい馬鹿に泣かされてたら。

なんかもうなにも言えないよね。
なんであの子が、とか、
なんでひどいめに会うのにそいつらんとこいくんよ、とか
なんで止められんかったん自分、とか
他人巻き込むの申し訳ない、あぁでも手伝って欲しいあの子を助けて欲しい、とか
思うことはきっと死ぬほどあって。


きっと人間って、自分には関係なかったり離れたところにいたりする他人には
いくらでも冷酷になれる、と常々思っている。
身代金支払い反対、と言ってる人達からみたら、あの2人の命はどうしたって二億ドル以下だし、
政府は二億ドル支払えと言っている人達は、今もこの日本で自殺や孤独死や殺人がたくさん起きていて、
そのうちの何割かが政府の払う金で解決できることを考えていないし、
その身の代金を使ってイスラム国がどれほどの人を殺すか考えていない。
支援をやめればいいと言っている人達は、遥か遠い地が、
どんな悲惨な状態になっているのか考えていない。
そして一番恐ろしいのが、「正直そんなニュースどうでもいい」という意見。
なんら考えていない、自分にとっては対岸の火事、みたいな。

結局はどうしたって誰かが我慢しなきゃいけない。後悔したってもう遅い、
誰かが犠牲になることは決まってしまっただけど、ここからどう動くか。
イスラム国のような過激思想を持つ人間が、この日本で生産されないといいですね
そして、ここでも問題のすり替えが多発してるけど、誰が悪いとか考えるまでもなく、
なんてったってあの頭の鈍いエセ宗教家軍団。
それを忘れて、こちらサイドでいがみ合ってはいけません。

表現の自由

切羽詰まりきったりーちゃんです
センター試験まであと一週間。
気分転換に独り言をば。やたらめったら長いですw

さて、先日世界中で話題となった新聞社襲撃事件。皆様もご存知のことと思います。
「表現の自由」を標的にした攻撃に世界中から非難の声が上がりました。
某国の首相など、「吐き気がする」とまで発言したほど。
過激な宗教主義者ですら賛同の声をあげている兆しはありません。
全くもって当然のこと、と文学少女は考えます。
誰かから非難されるかもしれないけれど、ひとりの意志を持つ文学少女として言います。
「犯人は臆病で、かつ低脳な、卑怯者です。」
相手を殺してしまったら、言いたいことは伝わるでしょうか。彼らは霊媒でもする気でしょうか。
(新聞社の方ごめんなさい。)新聞社が一つ潰れたからと言って、風刺はおさまるでしょうか。
インターネット上にはありとあらゆる罵詈雑言がはびこっていると言うのに。
大きな事件を起こせば信者は増え、他の宗教の力は削げるでしょうか。
世界中の非難をどう追い風にするつもりでしょうか。
十数人の方を口封じしたところで言論は静まると思いますか?世界には六十億もの人間がいるのに。
そしてそんなことをして喜ぶ神がいるのなら、それは神なんかじゃない。
自分が作ったものを壊されていい気分なんか普通ならないし、
自分に逆らうものに手を下すのに人の手を使うのなら、やっぱりそれは神じゃない。
だってどんな宗教であれ"神様"って、特別で完璧なものなのでしょう?
それなのにわずか30年ちょっとしか生きてない人間を使わないと行動できないのなら、
ちょっと力不足じゃありませんか?自ら神に泥を塗ったことに気付いていない。

私が一番呆れたのは、犯人が警察から逃げていること。
法を取り締まる組織から逃げていると言うことは、少なくとも
人間のコミュニティーの中に存在する上で罪とされることをしたという自覚があるって言っているようなものじゃないですか。やるだけやってやれトンズラなんて、なんてコスい人間。
万引きして「私は悪くない」って言う若者と同じレベル。
ピンポンダッシュして「だって面白かったし」って言う小学生と同じレベル。
「捕まったら言論の自由を妨害されると思った」なんて、言い訳になりませんね。
法廷はたくさんの報道機関に自分の意見を訴える格好の場所なのですから。
それにこんなに大事になった事件、メディアが放っておくわけがない。

それになにかに抗う手段が暴力なんて、なんて頭の悪いこと。
知り合いの子供はまだ年少さんで喋りが拙いので、気に入らないことがあると叩いたりおもちゃを投げたりしてきます。
駅前で出会う猫達も、触られたくない時は噛みついてきます。
彼らと幼稚園児やにゃん達に、なんの違いがあるでしょう。
あとからちゃんと謝る年少さんや、傷を舐めてくれるにゃん達の方がよっぽど"マトモ"。
意見を統一するために人を殺していけば、あとには誰も、何も残らない。
30を過ぎてそれさえも理解できないなんて。
だいたい、新聞社の風刺画がダメなら聖典の男女差別や異教徒・異邦人差別のがよっぽどダメでしょうよ。
それを承知の上でその教えを信じているのならなおさらに、彼らに銃を撃つ権利はありません。
自分が信じるものはいいだなんて、本当に子供かって話でしょう。
もし仮に情報や意見がどんな低俗なものだとしても、私達には見聞きしてそれについて思考する権利がある。
さらに、どの情報を見聞きするか選択する権利があり、どんな低脳な意見でも、発言する権利があり、
他者はそれに同意または反論、補足する権利がある。
彼らは自らその権利を捨て、奪い、自らの信仰対象に泥を塗った。
それだけで非難する理由は十分です。法治国家で法を守るという自らの義務を果たさなかったことも。
言語を操り、意志を持ち、コミュニケーションをとって生活する人間という生き物として、許されない行為。
彼らがきちんと法の裁きを受けますように。そして犠牲になった方のご冥福と今後の表現の自由の維持を祈ります。
そしてこの事件がもっと多くの人に表現の自由について考える機会を与えてくれればと思います。
気付かないうちに手放した権利や奪った権利、怠った義務について、もう一度考えてみたいな。
宗教に触れる機会をもった人間としても、もう一度、それがなんたるものか、考えたほうがよいのかも。

それから。
インターネット上にあげられている動画や静止画、文章を匿名で散々貶して立ち去る人がいますが、
殺人をしていないだけで彼らと同レベルですよ。
個人や作品、店舗を名指しして、見る(行く)価値がない、見ない(行かない)方がよいなどという意見を
わざわざ発信したなら侮辱罪や威力業務妨害。立派に罰金または懲役ものです。
自分で情報の選択の権利を捨てて、他者の発信の権利を奪い、汚しているんですから。
中学校で習いますよね?
意見を発信したいのであれば、自分の陣地から、堂々と。匿名捨て垢で相手の陣地に入り込んで批判とか卑怯です。
かく言う私も発信者、非難者です。是非問わず御意見お待ちしています。

今年は未年♪


とうとう年末を迎えてしまいました。
私、年末大っ嫌いなんです…
掃除しなきゃいけないし、
年賀状書かなきゃいけないし、
なによりなんだか寂しいから。
毎年恒例の紅白を見ていたら年の瀬を感じて、
ただ流行りの歌を聞いているだけで泣きそうになる、
感情豊か過ぎるりーちゃんです(笑)

でも今年はそれ以上!
最後の体育祭で流れた曲に、昼休みに校内放送で流れた曲に、友達が好きな曲、一つ一つ思い出が上乗せされて、涙をこらえられませんでした。
やむなく1人別室で見ている次第です(笑)
私最後まで問題児で、体育祭含めいろんな行事において
ギリギリまでいろいろあって泣いてたし、
昼休みに曲が流れてもなかなか聞こえなくて、
友達に隣で歌ってもらっていて、
そんなこと全部思い出して静かに沈んでいました(笑)
でもそれもあと1時間と少し。
この年の瀬に置いていきます。
新年には新しい希望が向いていますものね(笑)
それに、これ以上心配かけられないので…
だって今年度は、というかこの季節は、
「受験」「合否」っていう最大の心配が
待っていますから。
でもやっぱりあけましておめでとうって気分には
なれないかもしれない…(笑)
なんにも知らないガキから、
少しずつ成長していけるように、
来年は頑張っていこうと思います。
皆さんもあけましておめでとうよりは、
来年も、よいお年を♪
プロフィール

りーちゃん

Author:りーちゃん
読書好きな、どこにでもいる普通の女子高生です(*´ω`)
気軽にコメントしてください♪

訪問者さん数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。