FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七竈【ななかまど】

今日は「少女七竈と七人の大人」です(*´ω`)
作者さんは以前書いた「GOSICK」の作者の桜庭一樹さん(^^)

七竈は「大変遺憾ながら、美しく生まれてしまった」女の子。
美しい鉄道模型と、幼馴染の雪風だけが友達です。
望んでなんかいないのに、彼女の周りのかわいそうな大人たちは
彼女を巻き込んでいきます。

「いんらん」で、七竈を自分の父のもとに残して出奔を続ける母、優奈。
実の父を名乗る盲目の男、東堂。
雪風の父、桂と母、桂多岐。
優奈の元同僚の田中とその妻。
七竈をスカウトしにきた芸能マネージャーで、元「昭和のアイドル」梅木。

だれもがみんな、いろいろなものをかかえていて。
それをちょっとずつ、七竈に残していくのです。


桜庭さんの言葉の使い方がとっても好き(´・ω・`)
読んでて、いい、って思うw
主人公七竈が物語の終盤で言うセリフもとても好き。

「そのとき私は思ったんです。
すべてまっさらにゆるせと言われると、
人のこころはとてもせまいものだし、うなずきづらいけれど、
でも、ほんのすこぅしだったら、なんでもゆるせる気がしてしまうなぁ、と」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りーちゃん

Author:りーちゃん
読書好きな、どこにでもいる普通の女子高生です(*´ω`)
気軽にコメントしてください♪

訪問者さん数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。