スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

To:キングコングの西野氏

キンコン西野さんのブログを私のこの一読も彼の収入になるのかと悔しくて、悔しいながら読んで、この悔しさはなんでなのかよくまとめられないまま書いてるんだけど、私なりに頑張ってまとめてみようかと、久しぶりに文学少女として、帰ってきました。
タイトルはTo:Mr.西野とでもすべきでしょうか。
まずは、一番心に刺さったところからでしょうかね。

「「お金が無い人には見せませーん」ってナンダ?糞ダセー。」

という一文ですが、どういうことなんでしょうか。その後すぐの文で、

「……いや、モノによっては、そういうモノがあってもいいのかもしれません(←ここ大事!ニュースになると切り取られる部分ね)。」

ととりなしていますが、じゃあ彼の中でその基準ってなんなんでしょうかね。物によってはって、じゃあお金を求めることがダサい仕事ってなんなんでしょうかね。

私は本が好きです。絵本も好きです。書籍がそんなに好きじゃない方には「絵本なんて子供らしい」とよく言われますが、ずっと少しずつ本と同じように絵本もまた、集めています。確かに私は思うのです、少女だった私が読んでみたいなんて理由で買うには、本も絵本も確かに高かったのです。
でも私には、図書館がありました。図書館で気になる背表紙を見つけた時の、高揚感。読んでみたい本を予約して取り寄せ待ちする時のあの待ち遠しさ。お金が無い人間にも本を手に出来る環境は、楽しめる環境は、ちゃんとあるんですよね。誰もお金が無い人には見せないなんて言っていないじゃないですか。

また、

「お金の奴隷解放宣言です。」

という言葉ですが。
私は本屋さんで出会った初見の本や、図書館で出会ったどうしても手元に置きたい本を選び、多くないお小遣いから買っていました。
大きくなってからは作品にお金を払う意味をこう考えていたのです。きっと作家さんは、出版社さんは、この本に関わる人達は、このお金達で生活をしてまた、新たな作品を作ってくれるのだと。そこにお金を払うことは果たしてお金に支配された行動なのでしょうか。

私の好きな作家さんが、私に本や絵本を買ってくれていた祖母が、作家さんへの憧れや本の中身にドキドキしながらレジに並んでいた、少ない小遣いからお金を払った自分が、くそダセーと、お金の奴隷だと、馬鹿にされた気がして、この人が人に伝える絵を描き言葉を紡ぐ職の片隅にでも就いている事が悔しくてたまらなかった。
彼は

「お金を稼ぐことが悪い事だとは思わない」

と言うけれど、その代わりにくそダセーと、お金の奴隷と、こき下ろしている。それを生活の糧としている人を、誰かの尊敬する人を。

彼が嫌われ芸人でも、炎上芸人でも、それが彼の商売のやり方だとしても、また実は本当に彼に望む未来のあり方があったとしても。

あんなに一方的に、人の働き方を「芸能人」として媒体を使って、自分の知名度を武器にして言葉で殴るなんて。私は悔しい。

そんな人に言葉でお仕事をして欲しくない。

最近は言葉で人を腹立たせたり傷付けたりした者勝ちな世の中になっている気がします。週刊誌やコメンテーター等はもちろん、私たちだって今やSNS等で気軽に発信者になって、世界に言葉を届けることが出来るからこそ、ちょっと言葉を選ぶ、言葉を紡ぐ、国語と道徳のお勉強が、重要になるのではないですかね。

こんなにも彼のブログが悪意的なものに見えるのは、私の最初から批判的な思考が読み方に影響しているかもしれません。切り取り方が悪いのかも知れません。確かめたいのであれば、彼のブログはこちらです。
http://lineblog.me/nishino/archives/9256089.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りーちゃん

Author:りーちゃん
読書好きな、どこにでもいる普通の女子高生です(*´ω`)
気軽にコメントしてください♪

訪問者さん数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。